佐藤株式会社新卒採用サイト 2018

佐藤株式会社サイトへアクセスお問合せ

エントリーはこちらから

  • 採用情報ホーム
  • 採用メッセージ
  • 会社紹介
  • 食品卸業界とは?
  • 先輩社員紹介
  • ボーキ佐藤を一言で表すと?
  • 採用プロセス
  • 募集要項
 

採用情報ホーム > 先輩社員紹介 > 齋田 鮎美(2014年入社)

先輩社員紹介

茨城支店 営業部 齋田鮎美
質問1 現在の仕事内容は?
小売店や業務店への卸営業。お得意先様に寄り添って商品を提案する仕事
小売店から二次卸店、業務店など様々な業態へ商品を提案・販売しています。
主な業務としては、お得意先様への見積書の作成や商品の受注、メーカーとの卸値交渉など、お得意先様とメーカー様の間に入って様々なことをこなす調整役です。
私が思うこの仕事の醍醐味は、お得意先様の要望と商品がマッチングした瞬間だと思います。商品を提案する際も、お得意先様の店舗の客層などを把握したり、近隣店舗の品揃えを見たり、市場での売れている商品を把握した上で提案します。自分の提案した商品が見事にマッチして、お得意先様の売上が伸びたときが一番嬉しいです。
また、お得意先様からの難しい要望でもゼロの回答ではなく、代替案を持っていき、お得意先様の要望になるべく沿った形を取れるよう心がけています。
質問2 この仕事で一番嬉しかったことは?
学校給食の物資検討会で東北のメーカーが採用されたこと
営業1年目に給食の物資検討会に参加したときのことです。
給食はよく県内産で安価な商品が求められます。しかしながら、その条件に合った商品となると、案内できるメーカーが限られてしまい、商品の幅が狭まってしまうことが問題でした。
そこで私は、“茨城県産の野菜などと上手く組み合わせて使用できる商品はないか”と視点を変えて商品を探し、東北の乾麺メーカーの商品を案内することにしました。 すると、「こんな商品を待っていた!県産の肉・野菜等と安価に使用できる所がよい!」という声や、案内した商品が元々東北では郷土料理に使用していた麺だったため、「行事食に是非とも使用したい!」との声が多く、喜んでいただくことが出来ました。
新規案内品の中でも、使用率が高く、在庫の回転数も良いということもあり、微力ながら東北への地域貢献が出来たことも個人的に嬉しかった出来事です。 お得意先様の求めるものを寄り添った形で提案することが大切だと実感した経験でした。
質問3 ボーキ佐藤に入社を決めた理由は?

地域の食文化を支える仕事がしたかったから
私は地域の食文化に興味があり、食に関わりながら地域貢献ができる仕事を希望していました。
そのなかでも当社を選んだのは、「地域密着」を掲げ、お客様との距離が近い所に魅力を感じたからです。全国規模の卸よりもきめ細やかな対応ができ、地域のお客様に寄り添って仕事がしたいという想いがあったので、当社はまさにぴったりの会社だと思い入社を決めました。
また面接時に、食品卸売業では少ない女性の営業担当者について聞いた際、現状を隠すことなく真摯に答えてもらうことが出来たので、ここでなら私は頑張って行けると思ったことも理由の一つです。

質問4 就職活動アドバイス まずは、自分自身をよく知ること。その上で、たくさんの企業に触れて下さい。
自分は“どういう社風のもとで働きたいか、どんな仕事がしたいのか、将来どうなっていたいのか”など就職活動では自分なりの軸を持つことが何よりも大切です。 それが自分に合った企業に出会えるコツであり、企業に自分を具体的にアピールすることに繋がると思います。
就職活動は大変なことも多いと思いますが、必ず自分に合った企業に出会えるはずですので、自分のペースで頑張って下さい! !

インタビュートップへ